スポンサードリンク
Blog

プロフィール/私について

スポンサードリンク

こんにちは、cocoです。

今更ですが
プロフィールを書きました。

少しだけでも
私がどんな人間か分かれば
安心していただけるかなーと思い
少し細かく書き足してみました。

時系列はかなり前後していますが
目次からお好きなところへ
飛んでくださってかまいません。

ブログの印象からはだいぶ違うと思いますが
私というのはこんな経歴から成り立っています。

スポンサードリンク

おうちワークブログについて

2019年3月
cocostyleというタイトルでブログを始めました。
ブログを始めた理由は
「今よりもっと自由になりたい!」
という私の強い願望だけでした。

このブログで
私の全てをさらけ出す必要もないと思いますが
嘘を書きたくないので
触れたくない部分は書いていません。

今もほとんどの時間を在宅で過ごす私ですが
開業してから様々な案件をこなしていて
ネットビジネスの大半は経験しました。

家族のために外での仕事を辞め
その翌月から個人事業主になり
最初から勢いよく稼げるようになり好調でした。

ですが私も調子に乗っていたのか
自分がお金を稼げているという自信から
ビジネス仲間に騙されて全財産を失います。

確かにメチャクチャ稼いでいた時もありました!
といっても年収1000万円が最高額です。

その後は収入ゼロの時もあり
仕事をしても赤字になる月もありました。

会社に頼らず自分で稼ぐのは
楽しい面もありますが大変ですね。

稼げるようになっても
私のように一瞬で財産を失う場合もあるんです。

私について

過去については
あまり知られたくないのですが
私について少し書いてみようと思います。

生まれと育ち

生まれも育ちも東京です。
かといって
都会育ちでもなく江戸っ子でもありません。
東京の人間って意外と地味なんですよ。(笑)

世代について

人から見た印象は
見た目も声も若い感じがするようですが
人生の半分は生きていると思います。
見た目より丈夫なのでまだまだ生きていそうです。(笑)

性格と気質について

「日本人らしくない」とか「破茶滅茶な人」とか
なぜかよく言われたのは
「英語が話せないアメリカ人」でした。
どういう意味ですかね…?(笑)

自分で言うのもなんですが
のんびり屋なところもありますが
基本せっかちなようです。

かなり苦労人なので
私という人間の中身を例えるなら
「おばあちゃんの知恵袋」みたいな感じです。

そして最悪な状況でも
その先の未来に向かって
突っ走ってしまうところがあります。
今はまさにこの状態ですね!(笑)

悲惨な子供時代

私の子供時代。
家庭環境が最悪というより悲惨でした。
そもそも両親がいません。

おそらく今もどこかで生きていると思われますが
今更なので生死も居場所も調べようとも思いません。
親もなく育ったせいか
自由奔放の野生児のようでした。
そういえば
少しはマシかなと思っていましたね。

当時は近所からも邪魔な存在でした。
家庭という環境もないも同然なので
かろうじて住む家はあったとしか記憶していません。

それでも能天気だった私は、
幼少時代はいつでも笑っている子供でした。

まわりからはそういうところが
「あの子は少しバカなんじゃないの?」
と思われていたようです。
小学校に入学してすぐに友達はできましたが
その友達も離れていき
だんだんと孤立していきました。

なぜかというと
母親がかなりの危険人物であり
生まれてすぐの私を殺そうとしたからです。

それは近所では悪い意味で有名な話で
その話を知ると
大抵の人は私から遠ざかっていきました。

10代の頃。
たまに現れる母親は
なぜかいつでも刃物を持っていたので
毎度生死をかけた争いになり
そのたびに警察沙汰になるという状況でした。

ときに包丁を投げられ
私の足にグサリと刺さってしまったり
または両手が血だらけになり
深夜に病院行きということが何度もありました。

「親も居ないのにどうやって生きてきたの?」
と不思議に思われるでしょう?

住んでいた家には
母親の住所だけは残してありました。
入院中か家出中のどちらかだったので
住所だけはあったんですね。

近くに住んでいた祖母が
その家に通いで来てくれるだけで
親無しでも子供だけで暮らせていました。

施設に預けられなかったのは
祖母の「世間体が悪いから」という理由だけ。
世間から隠されていたのです。

今ではいわゆるネグレクトとでも言うんでしょう?
自分でもよく生きてこられたなと思うのですが
私にとっては悲惨な状態が普通だったので
あまり苦労したという感覚がありません。

学校生活について

そんな環境から抜け出すには
かなりの時間がかかりました。
まず学校へ行くということが叶いません!
義務教育でさえ通うことが困難なわけです。

もちろん中学は卒業しました。
ですが、高校となるとお金がかかります。
なので中学から準備をして
まわりの子供が受験勉強をしている間に
バイトをしていました。

高校に通い始めて。
母の魔の手から逃れるために
小さかった弟は祖母に預け
まだ小学生だった妹と2人だけで遠くへ引越しました。
夜はバイトを深夜まで続けました。
だから授業中は居眠り常習犯!(笑)
高校はバイトと奨学金も受けながら
なんとか無事に?卒業しました。

残念ながら、妹は亡くなりました。

弟はある事件を起こし
新聞にもテレビのニュースにも出てしまい
拘置所にいる間に裁判が何度も行われました。

裁判というのは
普通では考えられないほど精神的苦痛を伴います。

何度も何度も拘置所と裁判所を行き来していくうちに
お金もなくなり意欲を失いました。

そんな状態だったので
弟には申し訳なく刑務所入ってもらいました。
悪いことをしたのですから当然です。

本人にとっては
どうしてそんな大事件になってしまったのか
理解が追いつかないようでした。

やはり加害者となってしまったからには
きちんと罪を償うほうが良いのです。

最初からそうしていれば良かったのですが
悪い弁護士に当たってしまい
お金だけ吸い取られて
無駄な裁判で
何年も時間を無駄にしてしまいました。

弟は出所後そのまま行方不明です。
なので今も弟は
妹が死んだことを知らないで過ごしていると思います。

生い立ちと経験を生かした仕事

幼い頃。
どうして私には両親が居るのに
2人とも家に居ないのかと疑問を持ちました。
少しするとそんな親の存在が嫌になり
絶対に理解などするものかと思っていました。

ですが、大人になると不思議なもので
気の合う人ほど発達障害であったり精神病であったりと
何かしらの障害を持っている人がほとんどでした。
後になってですが
私はそれを【宿命】と理解しました。

職歴

なぜ宿命と思ったのか。

自分も子を持てば…またしても障害持ち。
ここでもう宿命なんだと観念して
私は障害を仕事として専門にしてしまいました。

ですが、そこからは地獄です!

それまでは泥沼のような環境から抜け出したくて
キレイな世界に飛び込みました!
アパレル業界で働いたり、セラピストとして人を癒したり
自分が望む世界に身を置きたいと意欲的に活動しました。

経験した職業
・アパレルショップ店員
・化粧品の販売
・セラピスト、整体師
・カウンセラー
・介護福祉士

ただ、どの仕事をしていても
どこか満たされない感覚を常に感じていました。

かなり人とは違う人生。
ここからどう変えていくか!
普通に生きたいのか!
このまま突っ走るのか!
ということがいつも頭にあり混乱していましたね。

育った環境が嫌で抜け出したつもりが
人生半分くらい生きて
やはり原点に戻ってしまった感がハンパなくあります。
後悔したこともありますが
やはりどこかでこうなるのではと予測もしていました。

「ブログでも障害のことを書けば?」
とよく言われるのですが
そこは私の変身願望があるせいか
今までとは違う自分でいたいと思うのです。

在宅で何をしたか

副業として続けていた物販から始めました。
有在庫から無在庫
そして中国輸入も始めたころに資金が足りなくなり
他のビジネスにも手を広げていきました。

開業して1ヶ月で50万円稼げるようになり
とんとん拍子で収入が増えていきました。
月収は200万円が最高額です。

その後はお金を使うことより稼ぐことが楽しくなっていき
仕事が趣味のようになっていました。

ですが、私は詐欺で全財産を失いました。
詐欺の内容は仮想通貨だったり
中国人がらみだったり
証券会社にさえも騙されてました。

騙されるほうがバカでしょ?と思うかもしれませんが
人を騙す人は優しいのです。そしてとても親切です。

それ以来、誰も信用出来なくなり
仕事が手につかない時期が数ヶ月も続きました。

家族に心配かけないよう
変わらず仕事をしているふりを続けました。
そのせいもあってか
ただの引きこもりのようになってしまったのです。

これではダメだ!と思っても外へは出られない。
在宅でなんとか頑張るしかないと
また業務をこなすようにしたのですが
以前のようにはいかず仕事の契約は切られる!
報酬は支払われない!
とにかくツイていなくてドン底へ落とされます。

「なんでそうなるの?」と不思議に思われるでしょう?
ただ単に不運が続いただけでしょう。
そう思うしかありません。

なぜブログを始めたのか

ブログを始めた当初はかなりスローペースで
ほとんど趣味のような感覚でした。

ブログを仕事にしたいと強く思ったのは
パートナーの病気が重くなってしまったことが
一番の原因でしょうか。
子供は障害児、パートナーは精神病
私は仕事どころか外出も出来なくなり
在宅でしか働けなくなりました。

それまでの私は
家族のことも先のことも予測して行動していたのに
その家族のために働けなくなってしまったのです。

今後の目標

人って辛い思いをすると
それを感知しないように鈍感になるようです。
私がそうでしたね。
だからこそ
今みで生きてこれたのかもと思っています。

おそらく私のような人間は
たとえネット上とはいえ
表に出てはいけないと思っていました。

狂気の母親に怯えて家から出られなかった日々
家にゴミや石が投げ込まれる。
弟が事件を起こした時は
家に記者が押しかけ電話は一日中鳴り続ける
昼間はいっさいの気配を消して
外に出ないで閉じこもっていた生活。

今も在宅で過ごしていますが
その環境は少し昔のことを思い出させます。
だからこそ広い世界に行きたいと思う。

私が今現在書いているのは
“おうちワーク”という
家をテーマにしているブログなんですが

インターネットなら
どこまでも遠く
広い世界にいけるような気がしませんか?

今後もブログでは仕事に限らず
おうちで出来ることをテーマにして
たくさん書いていきたいと思っています。

ブログの中で
「なんで家事の記事を書いてるの?」
「なんでショッピングの紹介してるの?」
とか思うことも増えてくると思いますが
そこが“おうちワーク”です。

基準はおうちです!
このブログでは、拠点である“おうち”を軸にして
いろんな方と広く繋がっていけたらと期待しています!

“旅するノマドワーカー”を夢見ていますが
近いうちに実現するでしょう。

ABOUT ME
coco
フリーランス。 東京生まれの東京育ち。 ブログ大好き人間。 旅するノマドワーカーを目指す!

coco☆style/在宅ワークで稼ぐ♬ - にほんブログ村